彩りのない世界

モノクロで残す、旅の記憶。

五十年の時を超えて

何十年もの間、行き交う人々を見守り続けてきた。

一線を退いた今も、人間の通らなくなった道をただひたすら見守り続ける。

f:id:photo_okacchi:20170514181907j:plain

f:id:photo_okacchi:20170514181912j:plain